自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
脊柱管狭窄症撃退マニュアル〜体の使い方しだいで、すべてが変わる〜

 

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

健康生活マガジン健康一番けんいち

という雑誌が発売になりました。

 

 

脊柱管狭窄症撃退マニュアル
体の使い方しだいで、すべてが変わる

 

表紙に大きく書いてあります。

脊柱管狭窄症の方は気になりますよね?

 

この記事の監修はスポーツ栄養クリニック福岡の武田淳也医師

 

『骨盤の動きをコントロールすることで、脊柱管狭窄症の痛み、しびれ、歩行障害が改善!』                       
とあります。

 

武田医師によると、


脊柱管狭窄症と診断されても、多くの方は手術せず保存療法で改善します。

もちろん手術が必要な場合もあり、マヒや排尿排便障害がある場合、これは、ただちに手術の必要があるので、すぐに病院で診察を受けてください。

しかし、それ以外の腰痛は体の使い方を変えることで改善できます。

 

ということです。

 

詳しいエクササイズのやり方が出ているので、是非読んでみて欲しいのですが、これをみても改めて思うのは、

 

骨盤のコントロールってホントに難しい…

 


腰痛トレーニング研究所でも、毎日何人もの腰痛の方に骨盤のコントロールの指導をしていますが、最初の一回でマスターできる方はほとんどいません。
それは、そうですよね。これが簡単にできるならこんなに腰痛で悩んでいないのです。

 

 

ピラティスをやってます!とか体幹トレーニングやってます!

という方も、お腹のインナーマッスルを正しく使えている人はほとんどいません。

 

骨盤のコントロールのやり方はこちら↓


最初にやって欲しいインナーマッスルトレーニング

 

骨盤後傾

 

骨盤のエクササイズをやってみると、始め、多くの方はお腹のインナーマッスルを使うことができずに、背中や脚に力が入ってしまい、ますます体をカチカチに固めてしまいます。


腰痛で悩んでいる方は痛みがでないように、何かしようとすると、つい全身に力を込めてしまう方が多いようです。

それで、どんどん体が固くなってしまうんですね。


しかし、お腹のインナーマッスルの使い方がうまくなってくると、今まで痛かった寝返り動作や、立ち上がり動作などで、痛みの出ない動き方ができるようになります。


すると、体の使い方を変えれば痛くない!
脊柱管狭窄症でも大丈夫!
と希望が出て来てどんどん動けるようになります。

 

実際に脊柱管狭窄があっても痛みのない方はたくさんいます。

痛みの出ない体の使い方を身につければ、問題ないんです。

 

脊柱管狭窄症の方が声を揃えて言うことがあります。

それは

 

「自転車は大丈夫なんだよね」

 

 

 

そう、自転車に乗ってるときは痛くないんです。

ならば、そのときの体の使い方をほかのときにもできるようにしましょう!

 

腰痛トレーニング研究所では、この本にも掲載されている、コアヌードルという道具をを使って、自転車にのっているときのように骨盤を安定させて動くためのエクササイズをしています。

 

インナーマッスルトレーニング

 

骨盤のコントロールをマスターしてみませんか?

↓↓↓

手術しないで脊柱管狭窄症を撃退する

 

腰痛トレーニング研究所

 

コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.