自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
姿勢を良くしようと気を付けてるのに肩や腰が痛い!というあなたへ

 

姿勢を良くしようと気を付けてるのに、肩はこるし、背中も腰もしょっちゅう痛い。


なんでたー!!

 

と悩んでいるあなた。

 

それ、筋膜が原因かも!

 

鎖骨の下、胸の筋肉を押してみてください。

 

痛くないですか?

 

 

それから、みぞおちの下あたりも押してみましょう。

 

痛いですよね?

 

 

痛みの原因は、お腹や胸の筋肉が硬く縮んだままになっているからなんです。

 

さらに、筋肉は筋膜という膜で包まれていて、その筋膜も縮んでいます。

 

猫背というと背中に問題がありそうですが、実は体の前側の筋膜が縮んでしまっているので、それに引っ張られて背中が丸くなっているんです!

 

 

前側だけ大リーグボール養成ギブスをつけている感じです。
(昭和の話で、理解できない方はごめんなさい笑)


もう少し簡単に言うと、前側だけすっごいきついウェットスーツを着ている感じですかね。

 

 

いつも背中を丸めて、下を向いてパソコンやスマホしてませんか?

問題は丸まっている背中だけでなく、縮めているお腹や胸にもあります。

 

 

長い時間をかけて縮んでしまった筋膜は、簡単には元に戻りません。

その体のまま姿勢を良くしようと思っても、縮んだ前側を後ろ側の筋肉が一生懸命引っ張らないといけないので、結局後ろ側の筋肉(背中や肩、腰など)が疲れて痛くなってしまうのです。

 

肩や腰を揉んでもらってスッキリするけど、すぐに元に戻ってしまうのはそのためなんです。


前側の筋肉、筋膜を緩めないと、また引っ張られてもとに戻ってしまうんですね。

 

そこで今日は胸とお腹のリリース&ストレッチをご紹介します。

 

テニスボールを胸にあてて、少し圧をかけながらくるくると丸を書くように動かしましょう。

 

 

同様にお腹も行います。

 

 

少し前側の筋膜が緩んでスッキリしてきたら、仕上げにストレッチです。

 

オススメはヨガのポーズ

 

 

体の前側が伸びているのを感じながら、ゆっくりと呼吸を5回繰り返しましょう!

 

こちらもオススメ

 

 

仕事の合間や寝る前に体の前側をしっかりと伸ばして、前後のバランスを整えましょう!

 

頑張らなくても自然に素敵な姿勢になりますよ!

 

このポーズ腰が痛くてできないっ

 

という方は一度プロの筋膜リリースを試してみませんか?

 

驚きの体の変化を体験したい!

↓↓↓

筋膜リリースを受けてみよう!
 

 

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.