自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
背が縮んだ?!まだ間に合う、もっと体を伸ばそう!

 

「身長が1センチ縮んでたのー!」

 

「私なんか2センチ!」

 

こんな会話を聞いたことがないですか?

 

毎年少しずつ減っていく身長に歳を感じるなぁと思っている方も多いと思います。

 

子供の頃は早く大きくなりたくて、つり革に手を伸ばしたり、ジャンプして、高いところにタッチしたり。

 

そんな風に体を伸ばすことのなくなった大人は、いつの間にか縮んでしまっているんですね…

 

それにしても、いったい何が縮んでいるんでしょう?

 

椎間板?

軟骨?

 

よく言われるこの二つは、ある程度は仕方がないかもしれません。

 

でも、唯一自分でなんとかできることがあります。

 

姿勢です

 

普段、無意識にこんな風に立っていませんか?

 

 

こんな風に片足に重心を乗せて、内側の筋肉を使わずに立っていると、いざ体をまっすぐに伸ばそうと思っても、縮んでしまった筋肉をが邪魔をして、戻らなくなります。

 

 

こちらは、背中が丸くなり、股関節も膝も曲がったままの状態。

 

腹筋や胸の筋肉が縮んで固まり、脚の筋肉の柔軟性もなくなると、体をまっすぐに伸ばせなくなります。

 

自分では自覚のない方もいるので、壁にかかとを付けて立ってみましょう!

 

頑張らずにお尻、背中、頭が壁につきますか?

 

 

頑張ってもできない人は、すでに肩凝りや腰痛でお悩みではないでしょうか?

 

頑張ればなんとかできる方も、姿勢を正すために力を入れないといけないので、すぐに疲れてしまいますよね。

 

そして、こんなカチコチの体では寝るときもリラックスできません。

 

仰向けで寝れない方はこちら↓

仰向けで寝れない原因は?

 

 

目指すは頑張らなくても良い姿勢に自然になれる体

 

 

 

筋肉のバランスがよくなると、力をいれなくても骨の上にたつ感じで楽に立てるようになります。

バランスのいいテントと一緒です。

 

 

 

 

バランス良く骨が並べば力もいらないし、背も高くなるはずです!

 

しかし、頑張りかたを間違えると逆効果ということもあります!

 

まずはこれを試してみてください!

↓↓↓

姿勢を良くしようとしているのに

肩や腰が痛くなってしまうあなたへ

 

実は、バランスを整えるためには、縮んだ筋肉を伸ばすだけでなく、弛緩して張りがなくなった筋肉は締める必要があります。

 

体を伸ばすには縮めなければいけない筋肉があるんです!

 

次回に続きます…

     

 

よかったらFacebookページにいいね!お願いします

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.